ゲーム実況

動画投稿が辛いときの解消法。アンチへの対応は?【ゲーム実況】

「ゲーム実況者になってみたい」、「YouTuberになってみたい」という方も最近では多いのではないでしょうか。

こんにちは、ぷー(@puu_blog)です。

先日「ゲーム実況を始めてよかったこと【YouTuberになりたい方へ】」というポジティブな記事を書きましたが、今回は動画投稿をする上で必ず起こるネガティブな側面を綴りたいと思います。

動画投稿者は最近テレビでも取り上げられるようになり、一見華やかなように見えますが、見えないところでは悩んでいる方が多いのも事実です。

実際にゲーム実況を1年半ほどYouTubeでやってきた私がこれまで体験した、「動画投稿をしていて辛かったこと」「その解消法(考え方)」を今回は綴っていきます。

動画投稿を始めてみてから「こんなはずではなかったのに…」と感じてほしくないので正直にぶっちゃけます。

「夢を壊したくない」という方は申し訳ありませんが、ブラウザバックしてくださいね。

動画投稿が辛いと感じた時とその解消法【ゲーム実況者・YouTuberの裏側】

アンチの出現①(どう頑張ろうが嫌われる)

どんな投稿者にでも必ず「アンチ」はつきます。

どれだけ炎上しないように気をつけようと、自分のことを「好きだ」と言ってくれる人が現れれば「嫌いだ」と言ってくる人も必ず現れます

これは自分ではどうしようもないことで、目立てば目立つほど嫌な声も増えていきます。

ただ、それは同時にファンの方も増えているということなので「応援してくれているファンの方の声」を大事にしていくようにしましょう。

スポンサードリンク

アンチの出現②(自分の好きなことが否定される)

動画投稿の題材はきっとあなたが好きなものや興味のあることだと思いますが、それが無闇に否定されることもあります

「自分が面白い!」と思って紹介したものが「おもんない」と言われてしまったり、「これ好きなんだよね」と熱く語ったものが「きもい」と言われてしまったりw

ぷー
ぷー
ちょっ、みんな投稿やめちゃうww

動画投稿者は時にストレスのはけ口として使われてしまうことがあります。

あまりにひどい場合は「即ミュート」でOKです。※YouTubeのコメント欄で対応できます

あなたの心がこれ以上すり減らないよう、対処法は学んでいきましょう。

動画の催促が嬉しい反面、辛い。

これはゲーム実況者あるあるかもしれませんが、動画の催促コメントを見るだけで病んでしまうということが過去何度かありました。

「あのゲームの投稿まだですか?」と視聴者の方から聞かれることは、楽しみにしてくれているという嬉しい気持ちの反面、プレッシャーになって自分を追い詰める材料になってしまったりもします。

それまでは趣味として楽しくゲーム実況(動画投稿)をされていた方にとっても動画投稿をすることが「義務」のように感じてしまう方もいるでしょう。

ぷー
ぷー
結構これで辞めちゃう人いるよね…

動画を出せない理由はさまざまあると思いますが、次いつ動画が出せるかもわからない精神状態で明確な解答をすることは難しいと思います。

そういう場合は一旦休みましょう

コメントを見ることも一度止めて、また動画投稿をやりたいと思ったら始めたらいいと思いますよ。

好きなことをしていても伸びない。

必ずしも自分の好きなこと(発信したいこと)と再生数はリンクしません。

楽しいことしたくてYouTubeを始めた人がだんだん病んでしまうのは、周りの目を気にして自分のやりたいことを見失ってしまうからです。

同じジャンルで頑張っている人と比べてしまったり、人気が出る動画の特徴を掴んでいったりするうちに、本来やりたかったこととズレてしまうことがあります。

投稿者はみんな、自分のやりたいことと視聴者の見たいものが必ずしも一致していないことにどこかで気づきます。

難しいですが、「やりたいことをすること」と「登録者数や再生数を伸ばすこと」は切り離して考えたほうがいいかもしれません。

一部人気のコンテンツしか再生されない。

これもゲーム実況者あるあるですが、メインで伸びたゲーム以外の再生数は期待しないほうが賢明です

これだけたくさんのゲーム実況者がいると、「〇〇さんといえば△△のゲーム」という代表作しか見られないということは大いにあります

むしろ代表作すら作れずやめてしまう方も多いので、気にせずそのゲームが好きならやり続ければいいと思います。

「いろんなゲームをやってすべてたくさん再生されたい!」というのは現状かなり難しいと思います。

まとめ:好きなことを発信する苦労は間違いなくある。でも楽しさもある。

今回はYouTubeで動画投稿をしていて感じた辛さとその解消法を書いてみました。

動画投稿を始めようと考えていた方には耳の痛い話だったかもしれませんが、現実問題こういうことは起きてしまうので事前に知っていてほしいなと思いました。

動画投稿をしている方にはとにかく無理せず、楽しんで続けてほしいなと思い書きました。

私は動画投稿者のファンでもあるのでわかりますが、ファンにとって一番悲しいことは応援している人が投稿をやめてしまうことだと思います。

無理せず休んで、また投稿をしたいと思ったら始めたらいいと思います。

今回はネガティブな話を書きましたが、動画投稿を始めることで得られるもたくさんあるのでやってみたい方はぜひ挑戦してみてくださいね。

ゲーム実況で収益化の条件をクリアするための戦略(YouTube)こんにちは、ぷー(@puu_blog)です。 近年小学生のなりたい職業ランキングの3位に「YouTuber」が選ばれたりしていますよね...

 

YouTubeチャンネル

ドラゴンクエスト10の動画を始めました!ぜひチェックしてみてください(*´▽`*)!